注文住宅のトイレはリビングから見えない場所に配置

注文住宅のトイレはリビングから見えない場所に配置

注文住宅は規格住宅とは違い、間取りを自由に選ぶことが可能です。
そのためなかなか見かけることのない間取りを実現することも可能です。
しかし人が快適に生活するために、やってはいけない配置があります。
特に注意してほしいのがトイレです。
トイレは不浄な場所ですから、くつろいでいる人から見えないようにするのがいいですし、中で用を足している人が嫌な気持ちにならないようにすることも重要です。
それを満たすための条件として非常に重要なのは、お手洗いをリビングから見えない場所に配置することです。
見えないということは出入りする姿も見えないわけです。
これによって、出入りする時に嫌な気持ちになることもありません。
他にはお風呂や脱衣所の場所も重要です。
注文住宅ではガラスドアなどの、おしゃれな設備にすることも珍しくありません。
ところがガラスドアで透けて見えることで、中にいる人も外にいる人もドギマギしてしまうリスクがあるのです。
注文住宅の間取りは、慎重に考えるのが重要です。

注文住宅の浴室を満足出来るものにするためには配置が重要

お風呂は、一日の疲れを取るための場所として考えている人も多い癒しの空間です。
注文住宅を建てる際にも、浴室は絶対に妥協したくないと考えている人も多いでしょう。
そこで浴室づくりで失敗しないために、いろいろと検討することになりますが、見落とされがちな大切なこともあるので注意が必要です。
注文住宅の中のどこに置くのかについては意外と軽視されがちですが、重要な事なので安易に決定するのは避けなければいけません。
お風呂の種類やメーカーなどについては十分に吟味して決定される傾向がありますが、配置に関しては他の部屋との関係で消去法で決められてしまうこともあります。
しかし、お風呂は家族全員が毎日利用する場所です。
家族構成によっては利用する時間帯に差が出る場合もあります。
各部屋からの動線は決して軽視出来ることではありません。
本当の癒しの空間にするためには家族全員にとって、快適に利用出来る場所にあることは不可欠な条件です。

注文住宅に関する情報サイト
注文住宅で失敗しないためのコツ

当サイトではこれを押さえておけば安心の注文住宅で失敗しないためのコツや基本をご紹介しています。一生に一度になることも多い、大きな買い物をする前には知っておくと良いです。注文建築の住宅のトイレは、リビングから見えない場所に配置するのがおすすめです。実際に住み始めてから後悔することのないように、よく配置を考えて決めることをおすすめします。また収納はどこに何を保管するのか考えて、家づくりをすることが大切です。

Search